一戸建ての素敵な住宅に住もう|一戸だって快適な生活

Real estate

地形や想定

地形も知っておく

Real estate

仙台で一戸建て住宅を建てることを計画している場合には、仙台の地形をよく熟知する必要があります。なぜなら、どの土地に一戸建て住宅を建てる家によって例えば災害が起きたときにその家が無事かどうかが変わってくるからです。 よく、家を見るときは内装を見るのではなくどの土地に建築されたかを見たほうが良いと言われます。この理由は、建物自体はリフォームのリノベーション、あるいは建て替え等で変更することは可能ですが、土地は一度買ってしまえば移動することができないのです。 仙台の地形を見ると、海沿いと山側に地形が分かれます。海沿いであれば、津波の心配や川の増水の心配をする必要があります。そこで、仙台のハザードマップを見ることで災害を未然に防ぐことができるのです。

想定して建てる

山側の場合は、高台と谷の部分がありますが、谷には水が溜まりやすいという特徴があります。一方、高台は地形的に安定感がありますので災害による影響を受けにくいですが、でこぼこの地形であれば、一戸建てを建てる時に盛り土や切り土がしてある場合があります。この場合、大きな地震が起こると崩れる危険があります。切り土であれば山側から土砂崩れによりせっかく高いお金をかけて建てた一戸建ても土に埋もれてしまう場合があります。逆に盛り土の場合は盛り土の一部が崩れてしまい、家の一部がなくなる心配もあります。 仙台の平野部は、海抜が低いところがありますので洪水に注意です。 このように、一戸建てを建てる場合は、あらゆる自体を想定しておく必要があるのです。